T小規模多機能型居宅介護事業所

●設計事例の所在地: 
仙台市泉区
●面積(坪): 
61.85
●建物の種類(大分類): 
医療・福祉施設
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

ホール食堂部分。大開口によって明るい開放的な空間にしました。緑道側はバリアフリーのウッドデッキに出られるようにしています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

必要諸室を確保すると、建蔽率が厳しいが、そこをクリアできるかどうかが大きな課題でした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

建築主様は、何人かの建築家とお会いしたがフィーリングが合わなかったそうですが、一生懸命やってくれそうだと感じて頂けたようです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

 平屋の小規模多機能型居宅介護事業所の新築工事です。
居室9室とホール食堂の必要面積や諸室を確保すると、建蔽率ギリギリの物件でしたが、敷地高低差の処理や駐車場配置計画を綿密に行い実現できました。
 市の緑道に面している立地の良さを生かして、視線や風、光の抜けを作ってできるだけ快適にお使い頂けるようなプランニングにしました。
 使いやすく分かりやすい動線にし、また利用者の方のプライバシーにもきちんと配慮した水回りの配置を考え、スタッフの方もサービスしやすい広さを確保しています。
 施設っぽい雰囲気にならないよう腰板などはやめて、清潔感ある内装とアクセントの仕上げを採用し、照明計画でも演出しました。
 また、オール電化も検討しましたが、他の所有施設であったような湯切れがおきないよう給湯はプロパンガス熱源の給湯器を採用しました。

依頼者の声: 

 なかなか図面はイメージできなかったようですが、「各面に視線の抜けを作ったことで開放感が出たし、緑も見えるし、いいじゃない!」と喜んで頂けました。設計者冥利に尽きる大変嬉しい一言でした。
 内装も考えていなかったようなアクセントなどを提案しましたが気に入って頂けました。

その他の画像: 

北側外観写真。「ひとつ屋根の下」の大屋根形式ですが、外壁を分節化し、単調にならないようにしました。

在来木造ですが、大断面集成材の梁によって大空間を実現しました。
カウンタータイプのキッチンを中心に設けています。

設計者

ユーザー 株式会社テコデザイン 小野徹哉 の写真
オフライン
Last seen: 3ヶ月 1週 前
登録日: 2012-07-24 10:27

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言