池田邸 あいだに住む家

●設計事例の所在地: 
東京都世田谷区
●面積(坪): 
33
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

これは、世田谷区の一種低層住居地区に建つ、
夫婦と子供2人のための住宅です。
クライアントの要望は、敷地いっぱいに建物を建てず、
また、周囲に対して閉じた感じの家にはしたくないというものでした。

敷地に対して斜めに置いた2つのボリュームのあいだに、
ただトップライトを架けて内部空間とすることで、
閉じすぎず、開放しすぎずという心地よさの釣合い点を追及しています。
トップライトの上部は日よけの木製ルーバー兼デッキテラスとし、
子供たちの遊び場になっています。

隣地との隙間に生まれる6つの三角形状の外部空間にはそれぞれ木々を
配置し、内部空間の開放性を保ちつつ、街並みに対しては、敷地の
コーナーに必ず植栽があることによって圧迫感を減らしています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

土地は施主さんが見つけられた場所でした。こどもたちが元気に遊べる家をつくってほしいとのことでした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

その建築から、日々刺激を受けることの出来ることを求められ、それを実現してくれると感じられたからだと思います。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

建物が長持ちするように、躯体の施工管理、防水管理はしっかりと行っています。また、しっくいは外装材の部分は汚れ防止として、内装材の部分は湿度調整に働いています。RC造ですが、基本的にすべて自然素材を利用した家となっています。

依頼者の声: 

「住めば住むほど、良さが感じられる家です」

その他の画像: 

南側正面ファサード
外壁は自然素材であるしっくい塗です。

入口
日よけのルーバーデッキが上に乗っています。

サンルーム
木漏れ日の様に光が注ぎます。

サンルーム
雨が降った時には、流れる雨を感じることが出来ます。

2階デッキ
デッキ材はイペ材で、サンルームの日よけルーバーを兼ねています。

2階デッキ
オーニングを出したところ。

2つのボリュームに挟まれて、デッキがあります。

外観昼景

外観夜景

設計者

ユーザー 浅井アーキテクツ一級建築士事務所 浅井正憲 の写真
オフライン
Last seen: 6年 7ヶ月 前
登録日: 2013-09-02 21:13

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言