岩槻の家

●設計事例の所在地: 
埼玉県さいたま市岩槻区
●面積(坪): 
135.00㎡(40.8坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

親子2世帯で同居する為、2階に水廻り一式を新設して二世帯住宅へリノベーションしたプロジェクトです。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

「玄関を入ってすぐ両世帯への動線を分けたい。
近隣のバイパス道路からの騒音が気になるので、防音対策をしたい。
1階のリビングが前面の商業施設の影響で暗いので、明るい雰囲気にしたい。」

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

スペースの有効活用をするため玄関は1ヶ所ですが、階段の向きを変更して玄関から直接それぞれの生活空間へ分離できる動線計画とし、2階にキッチンと浴室を増設して、それぞれの世帯が独立した生活ができるようにしました。

南側の前面道路を隔てて建つ商業施設のため、太陽の光が届きにくい1階のリビングをできるだけ明るくするため、2階の床の一部を半透明素材を利用して光が透ける天井としました。この部分が折上げ天井となることで、明るさと開放感を同時に獲得することにも成功しています。

2階は将来ご家族が増えることも予想されるため、可動間仕切りを多用し、間取りを限定しない自由な空間に作り替えました。
どこにいても複数の窓に視線が抜けて、開放的な空間になっています。
シンプルな空間の中に、さりげなくたくさんの収納を用意して、すっきりした生活空間となるよう心がけました。

その他の画像: 

外装は、屋根と外壁の張替えを実施し、バルコニーを増床しました。
それに併せてルーバーの塀や、鉄骨のゲートなどを付加しました。

玄関ホールで1階と2階への動線を振り分けられるように、階段の向きを変えました。

1階リビングダイニング。
天井の一部を2階の窓から入った光を採り込めるよう、光天井に作り変えました。
窓に対して奥になる壁は全面を収納としながら、間接照明を作って壁面を照らし、暗くならないように配慮しました。

1階寝室。
ゆっくり寝られるよう、天井と壁に防音材を設置し、サッシュを防音化しました。

2階LDK。
2階は全面をスケルトン(骨組み)状態にし、プランを大胆に変更しました。
ここでは、建物の端から端まで見通せる視点が生まれています。
階段室に緑を望む窓を新設し、森の中に暮らしているような雰囲気を作りました。

2階は可動建具で全体をワンルームにしたり、仕切ったりして間取りを自由に変えることができます。

キッチンを組み込んだ収納壁は、家電や食材の他、さまざまなモノを収納できます。

リビングの一画にあるワークコーナー。
階段を挟んで、子供スペースと繋がります。

子供スペースからLDKと主寝室方向を見たところ。
様々な可動間仕切りが仕込んであり、さまざまな使い勝手に対応できるようになっています。

2階主寝室。
4面の壁うち、2面は全面がクローゼットを主とした収納になっています。
間接照明を作って落ち着きのある空間にしました。

設計者

ユーザー 星設計室 一級建築士事務所 星裕一郎 の写真
オフライン
Last seen: 1日 2時間 前
登録日: 2012-07-24 10:29

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言