北浦和の家

●設計事例の所在地: 
埼玉県さいたま市
●面積(坪): 
137㎡(41坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

この大きなウッドデッキは、居間の床と同じレベル。居間の延長として使います。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

バルコニーの南側隣地にズラリと並ぶ2階建ての家・家・家・・・。この家々をかわし 東西に細長い敷地に “如何にして1階まで 日の光を入れるか?”がこの家の最大のテーマでした。
老後の足腰の衰えを考えると、生活の中心を1階に置きたいという、お施主さんの要望から、居間等を2階に配置する逆転のプランはありえませでした。
そこで 東西に細長い建物の南側を 全て吹抜にすることで1階まで充分に日差しが入るような空間構成としました。
さらに 南側の地面は 建ち並ぶ隣家の影となり ほとんど日が当たらず、いつも 暗い日影の庭を眺めなくてはなりません。
そんな悪条件を解消するために1階の床と同じレベルにウッドデッキを設けることで 地面より高い位置で日の当たる床面を創りました。
そのウッドデッキは 吹抜から日が差し込む明るい居間と 一体で使える場であり 地面の庭と同じように活用するために出来る限り 大きく、 大きく創りました。
そこでは 日向ぼっこをしたり、大勢集った時には バーベキューも出来るでしょう。また、室内犬の散歩エリアになったりします。

その他の画像: 

南側全てが吹抜。
南側正面に隣家が並んでいても十分明るく、陽の光が入ります。

上部吹抜から真南の陽射しが差し込みます。居間・食堂・小上がりの和室が一列に連続し、気持ちの良い明るい空間を創っています。温水床暖房が全面に組み込まれています。

大工さんの造ったオーダーメイドキッチン。天板をステンレス屋さんで加工してもらい、IH、レンジフード、食器洗浄乾燥機は、メーカーから購入。

2階インナーバルコニーで日向ぼっこ。洗濯物は、外から見えないよう木製の手摺が視線を遮ります。

家の東側にある書斎。早朝から朝日をあびながらの仕事は、とても晴れやか!

西側外観。左側の屋根は、北側斜線によって勾配が決まっています。

設計者

ユーザー 遠藤浩建築設計事務所 遠藤浩 の写真
オフライン
Last seen: 4ヶ月 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:14

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言