自然素材・和モダンの平屋+小屋裏

●設計事例の所在地: 
千葉県八街市
●面積(坪): 
36坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

無垢材の屋根構造を見せてロフトと連続させることにより、部屋の広さ以上に広々感じられるリビングになっています。
フルオープン型のサッシから光と風をふんだんに取り込みます。
漆喰の白い壁も室内を明るく見せることに寄与しています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

なるべく自然素材を使って、シンプルで美しい家を、というご希望でした。
南北に長い敷地なので、中央部が暗くなったり、風通しが悪くならないようなプランを提案して欲しいということでした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

ご提案したプランが希望通りで、天然乾燥材や漆喰を使い、大工の手刻みで建てるというコンセプトも気に入って頂けました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地が南北に長いので中央部に光と風を入れる必要がありましたが、低予算でしたのであまり複雑な形には出来ませんでした。
外形は単純な箱型として、中央部に階段室を兼ねた吹抜をとり、その上部に高窓を取ることによって家全体の空気の循環と光の取り入れを解決しました。
構造的には平屋とし、天井を張らずに現しにした大屋根の小屋組のスペースを生かしてロフト状の子供部屋を作り、リビングは吹抜としています。コストを抑えながらスペースを生み出す工夫です。
構造材は千葉県産の天然乾燥材を大工の手刻みで加工し、金物を極力使わない伝統構法で組み立てています。
柱や梁は現しとしてデザインすることにより、シンプルなプランの中にも豊かな意匠があり、また空間を広々と見せることにも役立っています。
仕上げは左官職人による厚塗りの漆喰、断熱も木の繊維を使うなど、ほとんどの部分が自然素材でできています。

依頼者の声: 

年賀のご挨拶より、
「今年は良い家を建てて頂きありがとうございました、来年も益々のご活躍を楽しみにしております。」

その他の画像: 

外壁は焼き杉板。
天井を張らずに断熱材を屋根面に施しているので段差がついています。
大窓には防犯と目隠しを兼ねて木製の格子戸を制作しました。

梁せい27cmの梁が飛ぶリビング。伝統的な継手仕口で組まれています。左手奥には薪ストーブを設置予定。
家全体が薪ストーブ一台で暖房できるように空気の循環を考えています。

階段室より南側、リビング・ダイニングを見る。

吹抜の階段と上階の書斎の高窓。
夏場の熱い空気はこの窓から排出されます。
全ての外壁の窓の上には庇があり、夏は日差しを遮熱し冬は取り込めるような長さに調整されています。

2階の書斎、寝室、子供室は小屋裏空間、いわゆるロフトです。
建物の長手方向に大きく屋根を掛けることによって、平屋の構造ながら十分な天井高のあるロフトがとれています。
平屋建ての構造で3LDK+1を確保することによりローコスト化を実現しています。

2階の寝室・子供室前が書斎スペースになっていて、下部のリビングとつながっています。

階段の一段一段に楔を打ち込んだ丁寧な造りです。

洗面カウンターは山武杉という目の詰まった堅い木を使いました。

車知栓締めという伝統的な仕口です。柱と梁を緊結します。

夕景です。

設計者

ユーザー 高野三上アーキテクツ 一級建築士事務所 高野 量平 の写真
オフライン
Last seen: 3ヶ月 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:24

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言