鹿嶋の家

●設計事例の所在地: 
茨城県鹿嶋市
●面積(坪): 
36.2坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

建物南側のウッドデッキテラス南東から南の緑の庭を通して建物を望む。南北の全開放建具により北側のデッキの庭まで見通せます。建物は焼杉の外壁と白い金属屋根による和モダンの雰囲気です。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

地方都市郊外の新興住宅地で周辺には畑地や林が残るおおらかな立地です。敷地もたっぷりとあり、庭との一体利用、土間、大きな開口といったキーワードが要望条件でした。
ここでは、広い敷地を大きな庭園と捉え、建物を駐車場やアプローチ部分も含め分棟で構成し、東屋のように配置していきました。
各棟は内外のぐるっと廻れる土間でつながり、棟によって囲まれた大小の庭が設けられています。

中央のメインのLDK棟の南北は建具によって大きく開放され、緑の庭とデッキの庭という2つの大きな庭と一体化し、様々なアクティビティを誘発しています。
太陽光、太陽熱、輻射空調等、開放的な立地を活かした自然環境とのパッシブな関わりを保ち、連歌のように棟が増えていくことも想定した計画としています。

その他の画像: 

建物アプローチスロープ。正面は建物内から伸びている漆喰壁で、建物へ誘います。

緑の庭東より建物を望む。(建具が閉まっています。)

土間玄関。土間は半外部の多目的空間で、各部屋をゆるやかにつないでいます。

LDK南よリ。漆喰とウォールナットフローリングの落ち着いたインテリアです。北側のデッキの庭ともつながっています。奥に子供エリアがちらっと見えます。

デッキテラス東よりLDKと子供エリアを望む。南側の緑の庭がつながっています。

北側デッキテラス北よりLDKを望む。南の緑の庭まで抜けています。

LDKと土間東側からの見通し。南北の異なるニワと連続しているのがわかります。

南側の緑の庭西より。土間の東奥が抜けていてそこもニワとなっています。

子供エリア北より。合板と檜フローリングのカジュアルなインテリア。ここにも土間が続き、デッキの庭やLDKともゆるやかにつながっています。

南側の緑の庭からの南北の見通し。縦格子は輻射冷暖房で、目隠しも兼ねています。

設計者

ユーザー 一級建築士事務所田建築研究所 田中秀弥 の写真
オフライン
Last seen: 18時間 52分 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言