I邸在来工法免震住宅

●設計事例の所在地: 
愛媛県宇和島市
●面積(坪): 
100坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

この建物は免震住宅で、愛媛県では在来工法住宅として始めての免震装置を配した建物です。地震時に震度6~7を体感震度3~4程度に軽減する装置です。母屋は木造2階建て述べ面積100坪で裏手に平屋建て30坪の隠居部屋があります。(隠居部屋建物は制震建物です)

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

在来工法で重厚な外観の建物にしたいというご希望でした。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

依頼者は賃貸住宅等を多数所有され、沢山の建物を建てられて来ました。最後に自分の思うとおりの家が建てたいというご希望に答えるべく設計致しました。外観は純和風で10帖+8帖の和室に床の間を配し、玄関・廊下廻りにはケヤキ材とヤナセ杉を多用し和の空間を演出しました。

その他の画像: 

建物裏面の写真です。一部平屋建てのお部屋も映っています。

玄関写真。造り付けの下駄箱はヤナセ杉(高知県産)、天井は格子天井で左に見えるのはこの建物に使用したヤナセ杉の切り株のオブジェです。

和室前の広縁。床材にはケヤキを使用。

10帖+8帖の和室から広縁を通して見える庭が最高です。

和室横のお客さん用トイレは和風にこだわって造りました。床は鉄平石風タイル、天井はあじろ天井、壁はじゅらく壁として腰にはヤナセ杉を貼っています。

壁にはえつりをかいて土壁を付けています。

建て方状況です。在来工法で梁を何重にも組んだ木組みの家です。

建物正面玄関です。免震住宅なので基礎の部分で3cm程度の隙間があり、浮いた状態です。

基礎の部分の免震装置です。この免震装置により建物を浮かせています。

設計者

ユーザー TOMO一級建築士事務所 兵頭 友義 の写真
オフライン
Last seen: 5年 3ヶ月 前
登録日: 2012-07-24 10:14

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言