借景を取り込んだ家

●設計事例の所在地: 
東京都練馬区
●面積(坪): 
40.08坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

近くの公園の緑を借景として楽しむために、あえて北側の2階にデッキテラスを設け、
外部からの視線を遮るためにルーバーを付けました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

公園の入り口につながる幅員が4mに満たない北側道路に面して建つ夫婦と子供1人の3人家族のための住宅です。
この施主とは土地探しから携わってきました。当時同じく都立公園近くのマンションに住んでおり、環境の良さからこの住み慣れたこの場所に家を建てたいとの理由でこのエリアでの土地探しを始めました。
なかなか希望に合う土地が見つからずにいましたが、ちょうど公園近くに古家が建つ敷地70坪の土地をおよそ30坪と40坪の2区画に分筆する形で売りに出されていました。
既に30坪のほうは売却済みでしたが、幸いにして40坪のほうがまだ残っていたので、早速施主と一緒にその土地を見に行き施主は公園が近くて緑も多く駅からも近いということで大変気に入り即決しました。
まだ古家が解体される前だったので内部を見せていただき2階からの眺め等をチェックし、外部空間をどう内部に取り込み快適な生活を送るかをテーマに設計をしました。
周りには驚くほど緑が豊かに残っており、傾斜によって敷地から東側の公園に向かって低くなっているため2階北側のテラスからは隣家や公園の樹木が借景として眺めることができ、あたかも公園が自分達の庭であるような気分にさせてくれます。
また、2階北側テラスの道路側に面する部分をアルミアングル材によるルーバーで覆うことで内外に対して圧迫感を与えずに風を通しつつプライバシーも確保しています。
見晴らしの良い2階にリビング・ダイニング、1階に書斎とプライベートスペースを真ん中に配した廊下と階段でつなぐプランになっています。内玄関から1階室内すべての段差を無くしているため、玄関扉を開けて入ると上がり框の無い白いタイル貼りの玄関廊下がまっすぐに伸び南側の庭へと続いています。
2階リビング南のハイサイドライトと階段上部のスリット窓からの光が1階の玄関・廊下へと差込み、とかく暗くなりがちな中廊下式プランの欠点を解消しています。
2階リビングは天井高さが3.65mある開放的な空間で、夏は南から入る風が北側上部のガラスルーバー窓から通り抜けます。一方冬は暖かい日差しがリビング全体に当たるので晴れた日の日中はエアコンや床暖房に頼ることなく理想的な環境の中で生活することができます。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 三浦尚人建築設計工房 三浦尚人 の写真
オフライン
Last seen: 37分 32秒 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言