宮坂の家

●設計事例の所在地: 
東京都世田谷区宮坂
●面積(坪): 
32.8坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

南側にはアパートが建ち、両側も隣家で囲まれた敷地にあって、
南側に庭を設けても日当たりが良い家にはなり得ないものです。
そのような敷地にあっても明るく風通しの良い家とする為、
南側に向いた家ではなく、空を意識した家を考えました。
家の中央部に2坪分程度の吹抜(トップライト)を設け、
ここから全ての部屋に光を採り入れると共に、
風が抜け、各室の自然な換気がとれる家としました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

敷地南側にアパートが建ち、東と西には隣家が接近し、
北側が道路に面する南北にやや細長い敷地です。
家づくりにあたって建て主の方が特に要望されていたのは、
「陽当たりの良くない敷地ではあるが、明るく陽差しを感じる家としたい」
「日常の生活の場は1階だけで過ごせる家としたい」
「まだ小さなお子様の様子を家のどこにいても把握できる家としたい」
というものでした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

設計事務所を探す前に、ハウスメーカー数社にプランを出してもらったそうです。
いずれも大きな吹き抜けを南側に設け、2層分の大きなサッシを南面に設けた案だったようですが、
「大きな吹き抜け床面積が減ってしまう」ことや「大きなガラス面の掃除の問題」等で、
納得できるものではなかったようです。
そこで相談に来られたのがきっかけで、その後こちらが提示した案を気に入ったことが
依頼の決め手だったとの事でした。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

広い家ではないものの、ご主人が家でも仕事ができるスペース、
仕事上必要な書類を格納できるスペースをリビングの近くに設けたいというご希望がありました。
そこでキッチン脇の道路を見通すことができる位置に造り付けのデスクカウンターを設けました。
問題は大量の資料置場でしたが、階段下部を単に倉庫とするのではなく、
階段下部の形状に合わせたキャスター式の大きな収納ボックス造りました。
これを引き出して通路に居ながらにして両サイドから収納物を取り出せるようにすることにより、
この収納の問題を解決しました。
その空間分全てが収納できる

その他の画像: 

ダイニングより左手にキッチン、右手(正面)にリビングを望む。

吹抜からの光がふりそそぐリビング、ダイニング。
吹抜の左手は主寝室、右手は子供室です。
この吹抜を通じて各部屋への採光が確保されると共に、
煙突効果による自然な空気の流れ(上昇気流)による
通風・換気をはかることができます。
また、この吹抜を介して、家族の気配を感じることができるようにしたものです。

吹抜に面する2階階段ホール。
左手は主寝室の窓、右手は子供室の窓です。

将来の2室化を前提とした南面する子供部屋です。
右手の天井の低い部分は全て天袋収納とした部分です。

キッチンとバックカウンター。
奥はユーティリティー(サンルーム)です。
ユーティリティーは花粉症対策のための室内干しができるよう家の南側に設けました。

洗面脱衣室と奥の浴室(ユニットバス)を望む。
洗濯物投入口を設けた洗面脱衣室です。
左手壁面部の投入口から洗濯物を入れ、ユーティリティー側(キッチン後方)
にて直接取り出せるようにしています。

道路側の外観

設計者

ユーザー 中川龍吾建築設計事務所 中川龍吾 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 4週 前
登録日: 2012-07-24 10:09

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言