出雲の家

●設計事例の所在地: 
長崎県長崎市出雲
●面積(坪): 
57.76
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

1階店舗の入り口、および2階テラスの壁面を構成する木製のルーバー。表通りと建物の間の気配のやり取りを可能にしています。夜は、ルーバー越しの光が街路を照らし、既存の都市景観にあらたな場所性をつくります。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

間口約24.5m、奥行き約5.5mの直角三角形状の不整形な敷地のなかに、親世帯の住宅+子世帯の店舗といった併用住宅に求められる多くの機能をいかに空間として実現させるのかということ、さらに店舗の顔としての視認性を高いデザインを希望されていました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

コミュニケーションの取りやすさと施主の要望に対する丁寧な対応だと思います。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

長崎市大浦地区に建つ木造2階建の住宅。丘陵地のふもとに位置し、1階に店舗を併設する。市の道路拡幅計画により、およそ半分の敷地が買収対象となったため、建替えが計画されました。奥にある個子世帯が生活する既存の建物を避けつつ、住宅と店舗、さらに配達用の駐車スペースと搬入スペースなどを確保すべく、2階部分をキャンチレバーで持ち出しています。空中にせり出す木の箱のシルエットと、木製ルーバー越しに漏れ出す光は、この住宅を周辺の環境から際立たせるとともに、郊外の市街地の風景にアクセントをもたらします。

その他の画像: 

住宅部分の玄関。

駐車場上部に浮かぶ寝室。

素材感のある材料で構成された建物のファサード。

ダイニングキッチンから連続した“和”のキューブ。

ハイサイドからダイニングキッチンへと射し込む朝の光。

透明なキューブとしてデザインされたテラス。四角く切り取られた青空が、テラス越しにダイニングキッチンへと顔をのぞかせます。木製ルーバーで遮られたテラスは都市の中に浮遊するプライベートな隠れ家です。

寝室に併設し、白いキューブにまとめられた収納群。

つくりつけの作業用カウンターと収納。

トップライトからの光がやわらかく階段を照らします。

設計者

ユーザー AL architects 佐野正樹 の写真
オフライン
Last seen: 2ヶ月 4日 前
登録日: 2012-07-24 10:19

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言