フェアウェイフロントの家

●設計事例の所在地: 
千葉県大網白里町
●面積(坪): 
45.5
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

南側夜景。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地はゴルフ場に面して分譲された170坪の土地です。周りには会社の役員や芸能人などの富裕層の豪邸が建ち並んでいます。そこに夫婦2人だけの家の設計を頼まれました。ご主人の実家は山武杉の山を持つ林業家で、ご本人は古い平屋の日本家屋にお住まいでした。奥様の実家も築80年になる農家のご出身で、普通なら木の香りがする立派な日本家屋が求められるのかもしれません。しかし、お話を伺ってみるとそうではありません。そこで提案させて頂いたのが、この超モダン住宅です。

依頼者の声: 

どこでもゴロゴロできる家での生活を始めて6年になります。
一見モダンでありながら何故か懐かしく、ゆったりとした気持ちになれる我が家に、とても満足しています。
設計段階の打ち合わせで、モデルハウスや住宅雑誌を見すぎて、あれもこれもと欲張りになっていた私たちは、本当に必要なもの・不必要なものとは何なのかという事をアドバイスしていただきました。
生活スタイル・周辺の環境などが十分に考えられた設計に、図面や立体模型をみただけでワクワクしました。
野平さんと出会えたおかげで、家造りはとても楽しくて幸せなものなのだとわかりました。
同時に本当のプロの素晴らしさに感動しました。
6年が経った今でも、楽しかった打ち合わせのことが思い出されます。

その他の画像: 

道路側はあえて閉鎖的な印象を与えるファサードとしています。

玄関扉を開けると、そこはトラバーチンの乱形石をちりばめた「通り庭」になっており、そこに架かる階段の隙間を通してフェアウェイの緑まで視線が抜ける様に演出しています。

この家のテーマは「何処でもごろ寝」ということで、床はモミのうづくりのフローリングとし、リビングには何処にでも移動できる「リビング・ベット」というキャスター付きのベッドを作りました。

「通り庭」に面した和室はモダンな印象を持たせるため障子戸をあえてアルミフレーム引き戸としましたが、天井板は実家の山で取れた山武杉の一枚板を使用しています。

リビング上部に設けられた寝室はオープンで、フェアウェイをパノラマの様に眺める事ができます。

設計者

ユーザー (株)野平都市建築研究所 野平史彦 の写真
オフライン
Last seen: 6ヶ月 5日 前
登録日: 2012-07-24 10:11

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言