永田の住宅

●設計事例の所在地: 
横浜市南区
●面積(坪): 
34.52坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

北側外観。2階のボリュームが跳ね出して、その下がエントランスになっている。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

敷地まで自動車が入れず、隣地との間に古い擁壁が有る事が難点でした。住宅では2階に広い居間を設け、庭や擁壁を合わせて設計して欲しいと言うご希望でした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

「(プロデュース会社から)6、7人の建築家を紹介してもらったのですが、コンペティションをやる事になり、3人に絞りました。栗原さんを選んだのは、熱心そうで、建築に対して造詣が深いと感じたからです。」

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

雛壇状に造成された住宅地に建つ、混構造の住宅です。隣地からの悪影響を受けないように1階の西側部分を鉄筋コンクリート壁とし、その他は木造の軸組みによる構造としています。1階の平面は、隣接する周囲の住宅に倣った形で、北側の前面道路側に入口を設け、南側の庭に面して居室を並べていますが、開口は東西面には全く無く、南面は逆に全面開口として、平面の性格を強調したものとしています。一方2階は、内部に柱が無い7m×7mの大きな1室空間を設けて、居間と台所を兼ねた生活の主要な場所となるような部屋とし、南側にバルコニーを設けるために、そのヴォリュームは北側に跳ね出した形となっています。

依頼者の声: 

「(竣工した時は)図面や模型が現実になったと、感激しました。(実際に住み始めてからは)堅牢な造りだと感じました。不具合が無く、良い家ができたと思いました。」

その他の画像: 

南側外観。1階は側面のコンクリート壁を耐震要素として、全面開口を実現。

1階ホール。玄関から階段へと至る、ゆったりとした場所。右側の建具は濃灰色。

階段より見た主室の天井。集成材の梁と構造用合板が現わしになっている。

階段踊り場より見た2階主室。主室は7m×7mの広さが有る、無柱の空間。

南側から見た2階主室。右側の窓は部屋の端から端まで連続し、眺望を妨げない。

設計者

ユーザー 栗原正明建築設計室 栗原正明 の写真
オフライン
Last seen: 1年 11ヶ月 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言