mat house (群馬県太田市)

●設計事例の所在地: 
群馬県太田市
●面積(坪): 
27 坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

屋根全面を芝生にした4人家族のための住まいです。
この家は、便利すぎる世の中に疑問を抱いていたり、ソトとの関わりを大切にしたいというクライアントの考え方に沿って生まれました。屋根は天然素材であり断熱性能が高い緑化屋根。南側に張り出した13本の斜めの梁は、夏場はグリーンカーテンとなり大地と芝屋根を繋ぎます。ニワから屋根までをグリーンが覆い、近年記録的猛暑が続くこの地でも涼を感じながら生活することができます。
道路に面した大きな開口部は、道行く人と挨拶を交わしたり地域とのコミュニケーション機能を持っています。大震災でも問題視されたように地域との繋がりが薄れている昨今、このようにソトに開くことも今後重要な要素の一つであると思います。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

初めての土地なので周辺地域の人たちとコミュニケーションをとりたい。芝屋根と薪ストーブを取り入れたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

きどらないラフなデザインや構造体が見えるデザインの安心感。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

閑静な住宅街の一角に建つ4人家族のためのコンパクトな住まいです。
クライアントのライフスタイルがあまりにも個性的なので、それに負けないくらいに力強く大地に根付く家を考えました。
屋根は芝生、均等に並んだ梁はグリーンカーテンになります。それらは住み手と共に成長しながら、大地と住まいが一体になります。内部は土間のようなワンルーム。それぞれの個室は必要最小限にして、家族の居場所を最大限に確保しています。
家の中心には薪ストーブが置かれ、芝屋根と共にスローライフを楽しみます。
自然環境を考えながら、地域との関わりと家庭内コミュニティを大切にした住まいです。

依頼者の声: 

真夏の屋外から家の中に入るとホッとします。冬場は天然エネルギーの薪ストーブが大活躍しています。薪は自分で調達してくるのでコストはかかりません。薪探しも楽しいものです。今では屋根の芝生も庭のように楽しんでいます。

その他の画像: 

ワンルームのリビング。家の中心には薪ストーブが据えられ皆自然とここに集まります。黒い壁は黒板で、子供たちがお絵描きしたり、家族がメモ書きしたり。また空間をキリッと引き締めています。

リビングの一角にあるワークスペース。大人も子供も自由に使える場所です。子供たちは部屋に籠らずにここで勉強しています。

庭に面した大きな開口部。全開にするとソトとウチが一体になり空間はより一層豊かになります。道行く人たちと挨拶を交わしたりソトとのコミュニケーション機能も併せ持っています。

緑化屋根は庭としても存在しています。のんびりお弁当を食べたり、ごろっと昼寝をしたり。まるで土手にでもいるかのような気持ちいい場所です。

設計者

ユーザー KAZ建築研究室 小磯一雄 の写真
オフライン
Last seen: 2年 2週 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言