SE構法の家

●設計事例の所在地: 
大阪市西淀川区
●面積(坪): 
50坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

SE構法による、木造での大スパンがよくわかります。
準耐火建築物ですが、燃え代設計をした表し梁も。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

スケルトンインフィルに対応すること。コストパフォーマンスがよいこと。断熱・気密の性能が高いこと。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

SE構法の認定工務店となり、分離発注方式でのSE構法の家つくりに対応した事。高断熱・高気密住宅の実績。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

オープンシステム+新住協+SE構法

分離発注+高断熱・高気密+スケルトンインフィルに対応

SE構法(木骨ラーメン)3階建
基礎断熱は外内防蟻断熱材を40ミリ。
屋根はガルバリウム鋼板+高性能グラスウール235ミリ。通気工法。
外壁はジョリパット塗り+ネオマフォーム(厚)40ミリ+セルロースファイバー吹き込み120ミリ。
床は当事務所の標準:吉野のひのき無垢板です。
内部壁は、ジョリパットとクロス貼り。一部タイルもあります。
燃え代設計をした、化粧梁・化粧柱と、SE構法特有の開放的な空間が魅力です。準耐火建築物です。
マーベックスさんの澄家ECO(熱交換型計画換気扇です)+エコエアーシステムをいれました。
日射遮蔽用のブラインドとかいろいろと細工をしています。
Q値は0.977w/㎡K。C値は0.57c㎡/㎡です。

その他の画像: 

リビングをみます。

スロップシンクを利用した手洗い。

縁なし畳と動く・・・

設計者

ユーザー 祥設計室一級建築士事務所(しょうせっけいしつ) ささかよしゆき の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 1週 前
登録日: 2012-07-24 10:27

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言