T社東彼杵工場

●設計事例の所在地: 
長崎県東彼杵郡東彼杵町
●面積(坪): 
6,839.43㎡ (2069坪)
●建物の種類(大分類): 
その他
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

大村湾に面する町の高台に工場群を建て、中央に公園を造りました。工事に伴って排出される土と石を用いて築山を築き、作業員の憩いの場としてデザインされた公園です。誰でも気軽に立ち寄ってお弁当を食べることができます。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

工場に関しては設計(デザイン)監修という立場で臨み、敷地全体計画+将来計画とランドスケープデザインを行なうことを要求されました。
工場施設と設備は特殊な事情が複雑に絡むのでそれらの設計との連携がうまくできるかどうかという点がクライアントの関心事であったと思います。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

旧来の友人であり、私が古い民家などに強い興味を持っていたことへの共感があったようです。
さらに実績を評価していただいた点、工場本体は基本的には設計施工であったため私の負担が比較的軽かった点、などだと思います。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

工場本体に関しては、プレハブのパターンに合わせながら可能なことを引き出すやり方とし、ランドスケープに関しては地元造園業者と協議を重ねながら手作りで自然感を出す、という対照的な2チャンネル方式を同時並行的に行ないました。この方向性はクライアントの意図と合致していたと思います。
土や石などの廃材を利用して公園を作り、従業員や家族の方たちに憩いの場を提供することは、クライアントとの協働で実現しました。

依頼者の声: 

満足されたようです。公園については子供たちがたいへん喜んでくれたようです。

その他の画像: 

喫煙や飲食のためのフォーリー。
風が強い土地柄なので、半地下にした。中に石のベンチがある。

公園に散りばめられた巨石

工場棟のエントランスホール

メインの工場棟西側外観
チョコレート色を部分的に挿入することで金属パネルが生む単調さを破っている。
適度な緊張感がもたらされる。

予想以上に石が多く出てきた。
ここは小さな石を集めたところ。

手前の道路は敷地全体の中心軸を形成し、将来は手前側に拡張される。

巨石群が一定の間隔をあけて大きな円弧を描いている。
中心軸となる道路と石の円弧が微妙に交錯するようすは神と鳶しかわからない。

設計者

ユーザー 建築・都市設計インタースタディオ 笹木篤 の写真
オフライン
Last seen: 3週 6日 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言