小さな中庭と大きな縁側の家

●設計事例の所在地: 
奈良県生駒市
●面積(坪): 
延床87m2 (26坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

静かな住宅地に計画したコートハウスです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地は奈良県で最も古く開発されたニュータウンの一端にあり、一方には均質な住宅群が、もう一方には豊かな自然と大和棟の集落が広がる、まさに奈良県の住環境を象徴するような立地でした。建主さまからのご希望は、開放的なLDK、プライバシーが守られた寝室、防音スタジオ、大きく開放できる浴室。しかし敷地は家屋と通行量の多い2面道路に接しており、開放的にはつくれないが道路向こうには豊かな緑が広がっているという悩ましい関係性を抱えていました。様々なプラン検討の末、小さな中庭を中心に回遊性のある諸室が連なるコートハウス形式でありながら、南側の縁側・庭に大きく開いたLDKを持つ、完全に閉じるでもなく開くでもない曖昧な間をもった住宅が出来上がりました。接道する二面は平屋に抑えて建築の圧迫感を減じるとともに閉じた佇まいとし、奥まった部分に2.5層分の大きな空間を配置してLDKとライブラリ、ロフトを内包。南庭と高窓、中庭から緑と光と風が十分に手に入る計画です。

その他の画像: 

敷地南西より。中庭を中心として閉じた黒いボリュームと、南庭に向けて開いた白いボリューム。

アプローチの床は平板コンクリート。玄関扉は高さ2.6Mのナラ練付。

エントランスから中庭、和室、縁側、南庭まで視線が通る計画。植栽はシマトネリコ。

キッチンから2つの庭を望む。中庭側の開口は地窓として浴室との視線交差を避ける。

ダイニングキッチン。テーブルはナラ無垢材で製作。キッチン天板はステンレスヘヤラインでシンクとシームレスに一体成型。

LDKと2階ライブラリ、ロフトが一つの大きな空間。

2階ライブラリ。さらにハシゴでロフトへ。

ご主人のための防音スタジオ。機材の移動性を考え、壁面にはコンセント用配線ダクトを設置。

小さな中庭のおかげで、明るく開放感がある浴室が良いがプライバシーは気になる、というご要望を実現できた。

南庭。軒下で各室をつなぐ昔ながらの濡れ縁と、バーベキューなどが行えるウッドデッキの両方の性格を持つ大きな縁側。

設計者

ユーザー 山本嘉寛 建築設計事務所 YYAA 山本嘉寛 の写真
オフライン
Last seen: 1年 7ヶ月 前
登録日: 2014-06-02 11:37

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言