裏の裏は表の家

●設計事例の所在地: 
鎌倉市
●面積(坪): 
240㎡(73坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

前面道路から:北側に面したやや暗い商店街の通りに路地奥の南側の日差しが感じられるようになりました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

「貸店舗併用」「広いテラスと一体のリビング」「高い天井」「朝から夕方まで日当たりと風通し」「古いレンガ倉庫を改装したアパートメントのようなイメージ」「アイランド型の調理台」などなど

依頼者があなたに依頼した決め手: 

雑誌を見て連絡をしてきて下さいました。その後敷地図と簡単なご要望を伺い最初に提示したプランを大変気に入ってくださり依頼して頂きました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

商店街に面した貸店舗と貸家を貸店舗及びオーナー住居として建替えました。
前面道路は駅至近の生活道路で北側の薄暗い通りに人通りも車通りも多く、以前は道路ギリギリに店が並ぶ建物であったので、歩行者の溜りと南への抜けを持たせるために1階3店舗の間に路地を設けました。路地奥の門扉を抜けると住居エリアになり、外階段でアプローチする住居と店舗部分は上下で分離させました。
鎌倉景観地区でもあり施主も素材感を大事にされていたので、屋外はALC版を基本に押出成形セメント板やスチールを用いモノトーンでまとめました。また、屋内はアメリカで生活経験のあるご夫婦拘りのレンガやスチール・木・塗替えのきく塗装の壁仕上げといった素材感と暖か味のある仕上がりとなり、結果的に、内~外、表~裏の対照的な二面性のある住宅となりました。
現在は植栽帯に緑も入りやや殺伐とした通りに少し潤いが出せたように思います。

依頼者の声: 

実はお施主さん一家は着工の直前に1年間の海外赴任となってしまい、工事中はメールやLINEを使って打合せを重ねました。竣工の時期に奥様とお子さんだけ一時帰国されてお引渡しとなりましたが、ご本人たちの拘りの部分をうまくまとめてもらえたと言って頂きました。

その他の画像: 

LDK:お施主さんが選ばれた拘りのレンガ壁とスチールの階段によってこの家の雰囲気が決まりました。

アイランド型の調理台と照明:奥様が当初からご要望されていた分厚い板の載った調理台の上に
ご主人がネットで見つけてきた直径60cmの特大ブラケット照明が非常にマッチしました。
キッチンもスチールのフレームと木の造作家具で奥様がやはりネットで見つけてきたステンレス
タイルとうまくマッチしました。

書斎:ご家族で使われる書斎として長机と本棚を設えました。

1階店舗の路地

1階店舗

設計者

ユーザー アトリエ スプリング 一級建築士事務所 石原 潔 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 4週 前
登録日: 2015-02-27 15:48

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言