プライバシーを尊重した(完全)二世帯住宅

●設計事例の所在地: 
静岡県静岡市
●面積(坪): 
親世帯25.3坪,子世帯39.1坪
●建物の種類(大分類): 
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

LDKを見る。
手前のキッチン下のワゴンをパントリーに収納すると、キッチン廻りに10人すわることができる。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

今回新築するにあたって一緒に住まう親子は、食事,風呂,就寝等の時間帯が全く異なります。又、子世帯の夫婦は、平日の夜や休日の昼間、友達を招き歌の練習をするという話でした。そこで、建物としては一棟に見えますが、玄関,キッチン,風呂,便所等全てが別々の完全二世帯住宅を提案しました。
親世帯は南側の広い庭に向かって、1階にLDKと和室を、2階に2部屋個室を配置しました。
子世帯は、北側に3台の駐車スペースを確保することで親世帯より南側にずれ、1階の南北にそれぞれ2つの個室を、その間にライトコート(中庭)を配置し、2階のLDK,家事コーナー,デッキテラスを含め各室がこのライトコートに向かって生活することを提案しました。
それぞれのLDK,個室の階が異なり、お互いの生活が見えそうで見えない空間構成は、まさに「今、ドキ!!」の二世帯住宅と言えるでしょう。

その他の画像: 

玄関を見る。
巾1.2m,高さ2.7mの大きな木製扉。右がシューズクローク,その右が和室。

キッチンを見る。
キッチン背面の4枚の大きな扉は閉めると前写真のように同一面に収まり、開けるとこのように作業スペースと電子レンジ等スペース(下部),食器棚(下部)が現れる。

リビングを見る。
キッチンの上部はロフト。壁の穴にはプロジェクターを設置。
東側の白い塗り壁が、約150インチの大画面でTVやビデオを写し出す。料理を作りながら、または食事をしながら、ロフトからも楽しめます。

ロフトからリビングを見下ろす。
右側のサッシ越しのブリッヂの向うにデッキテラスがある。

夜景のライトコート(中庭)。
上部ブリッヂはLDK(右)とデッキテラス(左)を結ぶ。

玄関を見る。
玄関を入ると、らせん階段越しにライトコート(中庭)が見える。

夕景の北側外観。右が子世帯、左が親世帯。

寝室を見る。
正面の壁の横に細長いニッチと2つのブランケット照明は、落ち着いた雰囲気をかもしだす。

夜景のデッキテラスを見る。
上部は屋上テラスが重なる。

設計者

ユーザー 有限会社滝下秀之建築アトリエ 滝下秀之 の写真
オフライン
Last seen: 4日 20時間 前
登録日: 2012-07-24 10:28

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言