住吉の新築町家 ~引込戸で広がりのリビングに~

●設計事例の所在地: 
堺市
●面積(坪): 
敷地面積:33坪、建築面積:19.6坪 、延床面積:36坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

外観です。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

 間口6m奥行18mのウナギの寝床の用地に建てる今回の計画では、町家スタイルがピッタリでした。町家・民家が大好きなお施主様は、新築で町家のイメージを出せる方法を選択しました。真壁構造で、その構造材にワビスケ(新しいベンガラ塗料)を塗って、構造をあらわしにしました。

 大きな広がりのある空間を求めて、部屋の間仕切りを引戸の引込戸にしました。この手法を用いると建具を閉めた時と開けた時では、空間の広さと景色が全く異なります。引込戸を3ヶ所に用いることによって、1階に全く様相の異なる空間が生まれました。

 ステンドグラスもこの家のアピールポイントです。この家のお母様の培ってきた技術を活かして、個性的な住宅になりました。タタミの間は奥様の趣味の部屋です。

 ネコが大好きなので、ネコタワーをリビングに設置し、玄関廊下の階段下には、おしっこスペースを設けてネコの快適環境を確保しています。

その他の画像: 

リビング
引込建具を用いることによって、広々としたリビングダイニングにもなるし、
部屋を区切ってリビングとダイニングに分けることも可能です。

リビング
猫タワーを壁に設置しました。

古建具とステンドグラスが不思議なバランスを保っています。

間仕切りガラス建具
引込建具を閉じたところ。

古建具を用いたトイレの建具。

手洗い建具
洗面台は、無垢板の上にのっています。

あやめのスギ板貼りにすることで、落ち着いたベランダとなりました。

階段見下ろし
階段の正面にも、ステンドグラスを嵌めました。

2階子供室
構造ゴロンボをあらわしにして、豊かな空間としました。

2階寝室
収納の扉は、夏建具の葦戸を用いました。

設計者

ユーザー 株式会社 クカニア 西巻 優 の写真
オフライン
Last seen: 5年 6ヶ月 前
登録日: 2015-01-21 15:38

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言