A house (群馬県邑楽町)

●設計事例の所在地: 
群馬県邑楽町
●面積(坪): 
35.6坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

家庭内のコミュニティが崩壊しつつある現在。クライアント家族から感じ取った形がこの家です。最低限のプライバシーを確保しながら、家の中のどこにいても一声かければ返事が返ってくる…そんな家です。テラス・リビング・ダイニング・キッチンの床はすべてコンクリート。このエリアは家族がいつもいる場所。素材を統一することでウチとソトが一体になります。リビング全体は吹き抜けで、ハイサイドライトからは太陽の恵みと月や星を取り込みます。同時に2階子供ルームやワークスペースとの距離感を縮めて家族間のコミュニティを形成してくれます。
家屋が一つ屋根の下で一緒に住んでいるということ…それを実感することは、今でこそ重要に思えますが、本当はごく当たり前に必要なことではないでしょうか。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

広々とした土間のリビングとキッチンが欲しい。
キッチンに隣接して食品庫が欲しい。
薪ストーブを入れたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

「数回の話し合いをするうちに意気投合し任せても良いと思った」
「デザイン性や設計者の人柄が合うと思った」

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

玄関を入るとすぐに土間のリビング。土足のまま違和感なく入ることが出来ます。そこには要望のあった薪ストーブを設置し、背後の壁はご夫婦の要望で大谷石を張りました。リビングには大きな窓から明るい日差しを取り込み、夜空の星やお月様まで楽しめます。隣接したキッチンには奥様ご希望のコンクリート製のキッチンカウンターをつくり土間の床と調和しています。リビングの大きな吹抜けは家族の気配を感じる大きな役目を持っています。

依頼者の声: 

「土間のリビングやキッチンがとても明るくて気持ちよく毎日の料理も食事も楽しくなりました」
「大きな吹抜けが薪ストーブの暖気と共に家族の気配を伝えてくれるので、一声かけるとすぐに返事が返ってきます」

その他の画像: 

土間リビング
南側の大きな開口部からたっぷりの日差しが入ります。中央には天然エネルギーの薪ストーブが置かれ、家族のコミュニティツールにもなっています。

キッチン
奥様ご希望のコンクリート製カウンターのキッチン。カウンターは奥行きが広いので忙しい朝にはここで食事もできます。

2階ワークスペース
吹抜けに面してワークデスクを設けています。個室に入らなくてもここで勉強したりできる場所。親子で自由に使える多目的スペースです。

大きな吹抜け
左側は2階子供スペース。可動間仕切りを開けると吹抜けを介してリビングと繋がります。プライバシーを確保しつつ家族の距離をより近いものにしてくれます。家族の気配を感じる重要な役目を持っています。

薪ストーブ
後部の壁は大谷石。薪ストーブの炎と共に温もりを感じさせてくれます。両面ガラスの薪ストーブなので炎の後ろに大谷石も見えます。

設計者

ユーザー KAZ建築研究室 小磯一雄 の写真
オフライン
Last seen: 2年 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言