高岡の集合住宅第Ⅲ期

●設計事例の所在地: 
富山県高岡市
●面積(坪): 
2656㎡ (803.4坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

高岡市内の大規模集合住宅の最後を締めくくるⅢ期工事。
市中心部を貫く目抜き通りに面しているので、道路に対して徹底的に閉じることをテーマとしました。
我が国の都市計画的欠陥に対するささやかな抵抗のつもりです。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

大規模な団地となるので、近隣住民と自然に交流が生まれるような空間を考えていました。
そのために、誰もがぶらりと立ち寄ることができる中庭と、通り抜けを作りました。
第三期はその玄関口にあたる計画でしたが、無事に初心貫徹することができました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

同じクライアントの下で、これまで幾つもの計画を手がけており、信頼をいただいていました。
クライアントの意図を汲みながら、期待を上回る提案を積極的に行うように心がけていましたので、その姿勢を高く評価していただいたものと思います。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

中庭や通り抜け、といったパブリックスペースは儲けにならないので敬遠されがちですが、全体の利益とのバランスで実現できたことがよい成果だったと思っています。
また第三期工事は、しっかりした中堅ゼネコンが請負い、よき現場監督に恵まれたことが幸運でした。

依頼者の声: 

ちいさなクレームの話もまったく聞いておりません。
大規模のマンションでは珍しいことです。
おかげさまでひきつづき依頼を頂きました。

その他の画像: 

大きな道路は、交通公害・コミュニティの分断・景観の劣化を生み、町にとってよいものではないはず。
道路=発展・賑わい、という錯誤に対する答えは積極的に閉じること、でした。

エントランスホールと外階段

ブリッジの下をくぐると第Ⅰ期・第Ⅱ期へと続いています。

避難経路であるブリッジは全体のゲートでもあります。近隣の子供たちのよきトレーニングコースにもなっています。

エントランスホール

全体の俯瞰

スロープは自転車で上り下りできるようになっています。
トレーニングにはちょうどよいようです。

内部のような外部階段の吹抜

住戸内部

住戸内部

設計者

ユーザー 建築・都市設計インタースタディオ 笹木篤 の写真
オフライン
Last seen: 2ヶ月 2週 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言