急斜面に立つ、橋の家

●設計事例の所在地: 
名古屋市守山区
●面積(坪): 
132㎡ 40坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

急斜面の下側から撮影した画像です。こちらからは2階建てにみえます。
■名古屋市守山区の金城大学の向かいに建つ、森に囲まれた急斜面に建つ、橋のような住宅。
■2方向の急斜面(30度以上の傾斜地)に建設致しました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

通常ありえないような敷地であり、どのように立てることができるか、また建築可能なのかを悩んで見えました。希望としてはインナーガレージとしたいとのことと、サーフィンをされるのでサーフボードをデイスプレイできるような空間が欲しいとのことでした。できれば、入浴時、森の自然を楽しむことができるような家が欲しい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

とにもかくにも、急斜面であることを、逆手にとって通風や眺望を確保した設計であったこと。
地下室を造っていないので、将来にわたり、漏水の心配は無いこと。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

■名古屋市守山区の金城大学の向かいに建つ、森に囲まれた急斜面に建つ、橋のような住宅。
■2方向の急斜面(30度以上の傾斜地)に建設致しました。
その為、地震時における、土砂崩れに対応した基礎構造を設計しております。同様に、基礎構造に多大な費用がかかりそうでしたので、2つの基礎構造に分け、その上に橋のように2階部分を設置しています。
それにより、通風を良くし、湿気の原因となる地下室を造らない設計としています。
■2か所の強固な基礎に橋のように渡しかけた住宅です。1階へ降りていく
階段はまるで宙に浮いているようなガラス張りの階段室です。

依頼者の声: 

一般的な設計であったなら、既存の斜面を半分近く掘削し、地下室を造り、その上に建設する案になるかと思われましたが(事実、隣に立つ父親の家がそのように建設されています。そのため地下室を造る施工費が相当かかっていました。)基礎を半分にし、地下室を造らないように設計されていた点が、優れています。
それにより、2階から1階へ降りて行くガラス張りの階段からは、いつも自然の中にいるような感覚があり「日常、味わうことがないような空間を楽しんでいます」

又、1階にある浴室も、森を見ながら入浴できる点が気に入っています。

その他の画像: 

アプローチ道路側からみた、玄関と、インナーカーポートです。こちらからは平屋建てになっています。

インナーガレージからみたガラス張りの玄関

モダンスタイルのLDKです。

ガラス張りの階段です。奥に浴室が見えます

森を眺めながら入浴できる浴室です

1階の寝室です。浴室同様、森の自然をいつも感じられるような部屋です

モダンデザインの部屋から見える、LDKからみた、窓越しの森です。

急斜面下から見た画像です。

敷地の断面と、建物がどのように設置しているかの図面です。
2方向への30度以上の傾斜地であり、1階部分に寝室、浴室、クロゼット、2階部分が橋のようになっています。

タイトル通り、橋の家のなっているLDKが浮いている画像です

設計者

ユーザー ㈲プラス建築設計 黒田乃武仁 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 1週 前
登録日: 2012-07-24 10:12

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言