三角屋根の家

●設計事例の所在地: 
神奈川県川崎市
●面積(坪): 
28坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

ルーフバルコニーハウス
周囲を建物に囲まれ、冬の日射がまったく入らない敷地に建設した住宅です。
2階高窓の高さに真南に面する窓を設け太陽光を有効利用することにしました。
建物方向と真南方向が違うために三角形の吹抜けから光が下りてくる独特の空間です。
写真は壁一面のマグネット黒板塗装を撮影したものです。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

住んでいた地域の土地が高騰しなかなか希望の土地が見つからないなか、ようやく探し出した土地は入り口幅2m、周囲に建物が建ち暗い印象の敷地でした。その土地に明るく、暖かく、風通しのよい住宅を建設できるか?
予算内で実現できるか?

依頼者があなたに依頼した決め手: 

私が取り組む、住環境性能とデザインを融合する住宅設計への取り組みでした。
また地元の設計事務所という安心感もあったとのことです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

・真南に向けた日射取得窓
・2階北側にルーフバルコニーを設けリビングと一体的に使えるようにした
・ルーフバルコニーの目隠し板に反射した光をリビングに取り入れて北側でも明るい空間とした
・お子様の感受性を育み、家族間の連絡などに使うマグネット黒板壁を設けました。
・効率的な調理と収納を可能にしたオリジナルキッチンとモルタル塗装の作業台

依頼者の声: 

様々な方角に設置した窓を開け放つことでいつも風通しのよい家になった。特にルーフバルコニー側の公園からは常時風が入ってくるとのこと。
2階高窓によりとても明るい空間になり喜んでいただきました。

その他の画像: 

外観遠景、屋根の上に飛び出ている三角形が高窓です。
2階を張りだし、さらに庇を張り出すことで雨に濡れない自転車置き場を作りました。

白い外壁と天然木軒天井のコントラストにより自然な柔らかさをだしました

2階リビングからダイニングキッチン方向を撮影。
上部三角吹抜けと高窓、正面奥のオリジナルキッチンなどの関係が分かります。
黒い左側壁がマグネット黒板塗装です。
黒板下の棚板と正面の書斎スペースまで連続させ、子供用ベンチ椅子~テレビ台~ダイニング椅子へと位置によって使い分けられるよう考えました。

ダイニングキッチン側からリビング側を撮影。
白床とダークブラウン床は20センチの段差を設けて自然なエリア分けをしています。

リビング窓まで連続させた棚板。窓外のウッドデッキがルーフバルコニーです。

オリジナルキッチン。手前の作業台はモルタル塗装仕上げです。
友人奥様方が集まったときはこの作業台がテーブルとなりお話しが弾むそうです。

自転車も入れられる納戸です。
将来はご両親の部屋になるかもしれません。

1階廊下から2階LDKへ上がる階段です。

2階トイレスペース。

設計者

ユーザー 一級建築士事務所 感共ラボの森 森健一郎 の写真
オフライン
Last seen: 1日 17時間 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言