ゼロエネハウスコーベ

●設計事例の所在地: 
兵庫県神戸市
●面積(坪): 
37.3
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

2020年に新しく予定されている「住宅の省エネ基準の義務化」へ対応すべく次世代住宅の提案として行った、ゼロエネルギーハウス(ZEH)仕様、耐震等級3取得による長期優良住宅(国認定)の計画。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

ZEHとは、「省エネ法に基づいた建築・設備によって減少したエネルギー消費量と創エネによって作り出されたエネルギーの合計が、その建物で消費される標準のエネルギー消費量と等しいか多い」住宅のことをさす。(ゼロエネ住宅.comより)従ってエネルギー創出のため、屋根面には一般的に必要数の太陽光パネルを設置しなければならない。結果、必然的に南に流れるゆるやかで、大きな傾斜屋根面ができる。この南傾斜面を太陽に向けて、敷地(建ぺい率)いっぱいに大工による手刻みで、複雑に異勾配が合わさる大屋根をかけようと試みた。また、その下の小屋裏空間には、ロフト状に細長い2階を設けることとした。南向きの屋根面を重視してゆくと、第1種低層住居専用地域の高度斜線の影響によって隣地が迫った境界付近には余裕が全く残らない。そこで、太陽光を運ぶため、ロフト上部にはドーマー窓を開け、内部に安定した採光を取り入れるようにした。南傾斜面対して、もはや壁面と呼べるほどに急傾斜した2階の北側天井面が、ハイサイドライトの光の反射版としてホリゾントの役割を果たしている。また、様々に角度の異なる勾配屋根の下に広がるリビングの西側の大きな開口からは、テラス越しに豊かな眺望を見下ろすことができる。こうして、西へ開かれた視界と共に、ハイサイドライトからの屈折した間接的な光の作用によって、奥行きに従うに自然光のコントラストを感じさせるような居住スペースを生み出した。

その他の画像: 

小屋裏

ロフト

吹抜

リビング

階段

ダイニング

テラス

夜景

設計者

ユーザー 岩本賀伴建築設計事務所 岩本賀伴 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:28

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言