うつろいの家

●設計事例の所在地: 
神戸市北区
●面積(坪): 
34.8坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

写真右手の大きなガラス窓から北側の竹林が風になびく様子が見える。
カウンターの背後にキッチンがある。
奥は和室で、引戸で区切ることも出来る。
写真左手は中庭。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

老後を静かでかつ便利な土地で過ごしたい。
どうやって土地を探せばいいか、家づくりをどのように進めたらよいか分からない。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

条件に合う土地を探してくれ、一緒にいくつか見て回るうちに、話しやすく何でも相談出来たから。
不動産屋さんとの交渉の中でも、不安に思うことや困ったことに対して助言してもらえたのが心強かった。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

近隣との距離を取りつつ、閉鎖的になり過ぎないこと、庭いじりがお好きなこと、ご年配であること、などを考慮して平屋で中庭を囲むような配置を提案した。
道路に面した車庫がデザインを特徴づけている。

依頼者の声: 

明るくて、家の中から空を見ているとゆったりとした気持ちになれる。
バリアフリーの生活は楽で、ストレスなく生活できる。
ご近所の方ともよい付き合いができるようになった。

その他の画像: 

駐車スペースから中庭を見たところ。
奥に広縁とダイニングキッチン。

建具を開放した様子。
広縁があるため、夏場はダイニングキッチンへ直射光が入りにくい。

ダイニングキッチンから北側を見る。
竹林に接しているため、大開口であっても周りから覗かれることが無い。家の中に居ながら季節の移ろいを感じることが出来る。

和室からダイニングキッチンを見る。
広縁とはフルハイトの障子で区切ることができる。
トップライトには電動のブラインドが設けられていて、羽の角度も容易にコントロールできる。

玄関付近。右手は玄関収納。
正面は広縁。玄関もバリアフリー。
床は車いす使用にも耐えられるフローリング。
壁は薄塗り漆喰壁。

個室。
正面は押入れ。右側扉は上部だけを開くこともでき、ルームエアコンが設置できるようになっている。

道路側外観。
道路に面して広い駐車スペースが設けられている。通りに対して閉鎖的にならないよう、ステンレスのカーテンレールで緩やかに区切られている。

駐車スペース。
三角の壁が道路に沿った大開口を実現するための耐力壁になっている。

駐車スペース。
右手の道路側、左手の中庭側にそれぞれステンレスカーテンが吊るされている。二重のカーテンによって道路からの視線を柔らかく遮っている。

夜景。駐車スペースから中庭を見る。
中庭の奥に広縁・ダイニングキッチンがある。
建物の庇によって四角く切り取られた空が美しい。

設計者

ユーザー eu建築設計 村上隆行 の写真
オフライン
Last seen: 3週 2日 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言