バルコニーの家(混構造、二世帯住宅)

●設計事例の所在地: 
埼玉県さいたま市
●面積(坪): 
57坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

中庭に浮かぶバルコニーが家族をつなぐ二世帯住宅。
親世帯、子世帯ともに、リビングを中庭に向かって開きました。
そしてひとつの中庭を2家族が共有するかたちにしたことで、同じ景色、同じ季節を感じながら、お互いの世帯へとうれしさや楽しみがつながっていく家になりました。
地下は鉄筋コンクリート造、地上は木造、バルコニーは鉄骨造という各構造体を適材適所で採用した混構造の建築物です。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

容積率100%と法規制が厳しく、完全2世帯住宅(キッチン、浴室、洗面、トイレをそれぞれの世帯に備える)をつくるためには、容積オーバーとなってしまうのが悩みだったそうです。完全2世帯にしたとしても、希望の空間や部屋がとれないのであれば建てる意味を見出せず、プロの建築家に相談しようと考えて下さったようです。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

初期段階で、それぞれ個性的な複数のラフプランをご提案しました。
スキップフロア案。中庭+バルコニー案。雁行+中庭案2つ。敷地中央に中庭の案。回遊するプラン。
そのうちの「中庭+バルコニー案」を見たとき、希望の暮らしのイメージがわっと広がり、案とともに設計者も同時に決まりました。
その後、このファースト提案から細かい部分を詰めて変更してきましたが、コンセプトはぶれることなく竣工まで至りました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

容積緩和規定を活用して、厳しい法規制というデメリットを克服しました。
その産物として、温熱環境の安定した地下寝室、床下蔵のたっぷり収納スペース、スキップフロアの変化に富む空間など、むしろ魅力と利点のある住まいになりました。

その他の画像: 

1階親世帯のリビング。
中庭に向かって南面の大開口。
2階へつながるバルコニーも望めます。

2階子世帯のリビング。
バルコニーそして中庭に向かう東の大開口。
トップライトから柔らかな陽ざしも注ぎます。

1階リビングから、スキップフロアの広縁を望みます。
階段部分は造作引出として小物が収納できます。

1階広縁からリビングを望む。

畳コーナー。

1階玄関。
長靴や傘、スリッパを収納できるサブ玄関収納も製作しました。

トップライトのある階段。陽の移ろいを楽しめる空間です。

2階廊下。
トップライトからの陽ざしで明るい空間。

2階リビングには、テレビ台、デスク+書棚、食器棚を造作で製作。

2階子供室。
フルオープンにできる引戸で2室に仕切ることも出来ます。

設計者

ユーザー 居アーキテクツ一級建築士事務所 上野康子 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:30

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言