はと時計の家

●設計事例の所在地: 
埼玉県さいたま市
●面積(坪): 
40坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

イギリスの住宅をデザインコンセプトとした「はと時計の家」は、外観は輸入レンガを乾式工法で施工。一部ヘリンボーン張とするなど、張パタンに変化をつけました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

イギリスの住宅をイメージした外観・内装にしたいということ。
どこにいても家族の様子が感じられる住まいにしたいということ。
洗濯物を外に干したくない(花粉症がつらいので)ということ。
玄関のつくりを家族用と来客専用と2通りつくりたい。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

1階は玄関から入ると広いホールのようなリビングに、アイアン手摺のアンティークな階段が出迎えてくれます。
外から帰ってきた家族は、リビングに居る家族に出迎えられながら、2階へ上がる形になります。
リビングにとっては、階段が空間のアクセントにもなり、ウィリアムモリスのグリーン壁がその存在感を際立たせます。

個室にこもるのではなく、家族のみなさんで集まって暮らすご家族なので、
1階ではリビング、2階では高天井の家族ルームが大切な空間となっています。
そんな大切な空間であるリビングで、はと時計が時を刻み始めた時「すまい」としていのちが吹き込まれました。

玄関にはシューズクロークを設け、家族はクローク側から家に入ることで、上がり框を来客用と家族用とに分けたつくりとしました。

その他の画像: 

玄関からドアを入ると、アンティークな階段がお出迎え。

広いホールのようなリビングに、アンティーク調階段がアクセントとなっています。家族が帰ってきたことも良く分かります。
ウィリアムモリスのグリーン壁が階段を際立たせます。

リビングの「はと時計」

どっしりと風格あるリビング入口ドア。モールディング枠、特注ステンドグラスを採用しました。

2階家族ルーム。
陽ざしが燦燦と注ぐこの空間は、洗濯物を干すことも出来ます。
風通しを良くするため、窓を対角線上に設けています。
(写真背面側の壁面にも窓を設けています)

家族ルームに壁厚を利用したショーケースを設えました。

設計者

ユーザー 居アーキテクツ一級建築士事務所 上野康子 の写真
オフライン
Last seen: 4ヶ月 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:30

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言