森にすむ家

●設計事例の所在地: 
愛知県
●面積(坪): 
34.24
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

外観

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

美術が好きで絵や版画をかけることのできるアートギャラリーのような家にしたい。
一方で生まれ育った故郷の家にあった縁側や畳、掘りごたつが欲しいという希望がありました。
そして家族の高齢化。これははっきりと在宅介護を想定しました。
一名が在宅介護となった場合、1階のリビングルームが一番環境がよく介護にも適すため、そこを介護室にすることに決めました。
道路から玄関、リビングへとすべてスロープで行けます。
ただしその場合家族のリビングが消滅してしまうので、2階にリビングへと変更可能なスペースを確保しました。
また、1階のキッチンやお風呂など水回りと2階とは介護室を通らずに行けるようになっています。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

地形は河岸段丘で起伏の豊かな土地。
遠くには山並みが見え、カーブする小道に沿ってローカル線の線路が見える。
本来はとても良い場所です。
しかし集落に入ると意外と家が建て込み、新旧入り混じって建つ家々の様式はバラバラで内向的。
どの家も昼間からカーテンを閉じて暮らしています。
ここでは土地本来の良さが忘れ去られている感じがしました。
そこでこの家は黒子になって存在感を潜め、遠い風景と対話をするようなものにしたいと思いました。
また、家の中の生活の雰囲気がいい感じで漏れるような家にしたいと思いました。
夜に明かりが付くと「家がランプシェードのようでかわいい!」と施主さんは喜ばれています。

依頼者の声: 

「私の実家はここよりもずっと山の奥で父も林業を営んでいましたので、木材には格別の愛着を持っていました。
木をふんだんに使った家を希望しました。
高橋さんにお願いした今回の家は30坪。田舎のことですから30坪の家なんて小さいと思いながら予算面で仕方がないとあきらめていました。
でも、家ができてみて、思いもかけない空間の広さ、と言うか伸びやかさに驚きました。
家って実際よりも広く感じることがあるし、その効果が気持ちの良いものだと知りました。
本当に広かったら掃除が大変。予算も大変!
高橋さんがこだわった窓の位置。特注の木のヨロイ戸から漏れる日差しと吹き抜ける風に包まれるとまるで森の中にいるような気持がしてきます。
好きな絵を掛けるために壁の位置にもこだわりました。
絵を掛けたい壁には必ず横からいい自然光が入るようにできています。
家が完成して3か月、何をどこに掛けるかをずーっと考えています。
食卓からはこの家一番の景色が見えます。
遠くの山はその時々に色が変わってきれいなものです。
これからはこうして自然や木を感じながら暮らしていけると思うとワクワクして力が湧いてきます!」

その他の画像: 

玄関の上がり口には段差をなくし、脇にベンチを造り付けています。
健康な人でも靴を履くときには必ず利用します。
ベンチに座ると目の前に庭先の植木が見えるスリットを設けました。
縁側の手前半分を緩やかなスロープとし、リビングへ到達します。

設計者

ユーザー 高橋泰樹設計室 高橋泰樹 の写真
オフライン
Last seen: 3週 2日 前
登録日: 2017-08-08 15:29

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言