イヌとネコとヒトの家

●設計事例の所在地: 
東京都あきる野市
●面積(坪): 
104.94㎡(31.7坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

この家は、これまでマンションで犬と猫を多頭飼いされていたペット達を愛するご夫婦が、動物たちとの暮らしを心地よく、そして存分に楽しむために新たに建てた2世帯住宅です。縦方向に立体的に移動する猫と平面的に動く犬の特徴的な習性を生かして、動物たちの いろいろな場面に出会えるような家にしたいと考えて設計しています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

もともと都心部のマンションで暮らしていた夫婦、ペットたちと伸び伸び暮らせる環境を求め あきる野にて新築・移住を計画されました。遠方にお住いの御父上と2世帯の暮らし、そして犬と猫達との暮らしについて気にかけておられました。また、将来はペットの保護活動をする夢をお持ちだと教えていただきました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

私たちジャムズではこれまで犬や猫と暮らす家を手掛けてきた経験があり、そういった書籍の監修をするなどメディアでも取り上げて頂いていました。今回ご依頼の建て主さんもネットでお調べになり声をかけていただいたそうです。ちなみに私たち自身も犬または猫を飼う愛犬(猫)家でもあります。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

ただペットに対応した設備を設けるのでは日常を便利にしただけです。まずはお望みのライフスタイルを実現できるよう考え、その上で多種多頭飼いと2世帯住宅という要素を整理し、重複できるものは重複して コストダウンも計っています。建物の構成は中央に2階建ての共用部、これを挟んで2世帯のエリア(平屋)が接続しています。また、犬と猫と人が心地よく暮らすための装置としてコート、バックヤード、ドッグランを設け各エリアを繋いでいます。知らず知らずのうちに便利に暮らせる機能性と住まい手を満足させるデザイン性が両立した家になったと思います。

依頼者の声: 

この家ができて動物たちと過ごす時間も増え気持ちにゆとりが出来ました。夫婦でいる時間が長いリビングから吹き抜けで2階へと繋がる空間が開放的で気に入っています。回遊できるプランになっていて各所を扉でゾーニング出来るのも使いやすいです。動物たちは気分に合わせて過ごせる場所が増え様々な様子に見せてくれます。この家が出来て以前より早く家に帰りたくなりました。

その他の画像: 

リビング・ダイニング・キッチン

リビング・ダイニングから庭(ドッグラン)を見る

吹き抜けに面する2階リモートワーク用デスク

2階多目的スペース:ゲストルーム+リモートワークスペース

父室

玄関コート(足洗い場)

バックヤード:家事スペース+パントリー+ストックヤード

犬舎、犬用トイレスペース

設計者

ユーザー ジャムズ 一級建築士事務所 仲條 雪 の写真
オフライン
Last seen: 4ヶ月 2週 前
登録日: 2015-12-02 14:41

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言