路地庭の家 ~職人の技が冴える家づくり~

●設計事例の所在地: 
京都市
●面積(坪): 
敷地面積:36坪 、建築面積:19坪、延床面積:31坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

外観は平成の京町家です。ベンガラを塗らずに柿渋塗りとして、爽やかなイメージを出しました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

 この家は、大工職人を始めとする職人の技が冴えています。お施主さん自らが作業に加わり、現場は、お施主さんの漆喰塗りと大工職人のものづくりとで、緊張感に溢れていました。

 日本の木造建築の良さを一緒に研究しました。2間半間口のウナギの寝床の敷地で、南の光を如何にして確保するかが、この家づくりのポイントでした。路地庭は僅かな南の光を取り込む知恵です。2階からは十分な光が入ります。天窓も有効でした。東の庭もリビングを明るくします。

 前庭にもこだわりました。古敷石を用いて、ヤマボウシの株立ちを植えました。住んでからも手を加える半完成の家づくりです。

その他の画像: 

玄関の上り框をアテの木、床板をヒノキ、階段段板をヒノキの厚さ40mmの厚板を用いています。

路地庭
足元を抜く地窓があるだけで、空間の広がりを感じます。
路地庭は伝統的な景をつくる手法です。

路地庭
階段下の小物入れは、大工さんのサービスで付けました。

路地庭
摺り上げ障子は、外部空間への広がりを作る優れた手法です。

和室から廊下をみたところ

リビング
漆喰壁は全てお施主さんが塗りました。ゴロンボがリビングを広くしています。
和室との間の建具は、古建具です。

落ち着いて作業ができるキッチンスペースです。

斜めの垂木を見せた廊下は、お施主さんのたっての希望です。

踊り場
テーブルはケヤキの一枚板で、デザインはイケヤの家具を参考にしました。

子供部屋
ロフトは子供に大人気です。小屋梁が空間を締めています。

設計者

ユーザー 株式会社 クカニア 西巻 優 の写真
オフライン
Last seen: 5年 6ヶ月 前
登録日: 2015-01-21 15:38

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言