館山の家

●設計事例の所在地: 
千葉県館山市
●面積(坪): 
57㎡(17坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

海辺の町で暮らす終の棲家です。
余計なものは捨て、必要なものだけで住まうスローライフを考えたコンパクトな平屋です。外壁は黒い板で覆い、海からの潮風を防ぎます。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

現在のお住まいはものが溢れていたので、終の棲家となる家では、シンプルなスローライフで暮らしたいというご希望でした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

資格を持った夫婦の建築家が二人でひとつの建物にかかわること。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

玄関は大きな土間とし、ご夫婦の趣味である自転車や釣り道具がおけるようにしました。
海側にコーナーで大きな窓を設け、海や緑の景色を部屋の中に取り込みました。
床はブラックウォールナットの無垢材、天井も木を表して温かみのあるインテリアとしています。

依頼者の声: 

「シンプルで住みやすい」というお言葉をいただきました。

その他の画像: 

玄関ポーチや扉は、外壁と一体となるデザインとしています。
国立公園内ということもあり、周囲の景色に溶け込むように配慮しました。

玄関は、ゆったりとした広い土間スペース。自転車や釣り道具も置けます。

リビングはコーナーを大きく開けて、海や緑の景色を取り込みます。
窓の外にはウッドデッキが連続し、深い軒がかかります。

深い軒空間。先端に樋は付けずに雨が落ちる地面に雨落としの砂利を敷いています。
これは、樋の掃除をなくす工夫です。

リビングダイニングと玄関の土間は、連続した広々とした空間となっています。
コンパクトでありながら、広く感じられる工夫です。
空調のため、大型建具で区切ることも可能です。

木製の大型建具で仕切った状態。ガラスは下半分を曇らせています。

海側から見た外観。海風を配慮して軒を低く抑えています。

深い軒と縁側

リビングダイニング

ダイニングテーブルと一体のキッチン

設計者

ユーザー 多田建築設計事務所 多田祐子 多田博 の写真
オンライン
Last seen: 3分 18秒 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言