市原の家

●設計事例の所在地: 
千葉県市原市
●面積(坪): 
24坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

北側道路から見た外観。
公園に面しているので、視線の気にならない2階に大きな開口を設けています。
向かって左側がロフト2、右側が書斎の窓で、どちらも床までの引違い窓です。
南側の庭に面した1階の窓と、この引違窓を開けておくと、家中を風が走り抜けます。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

定年を機に建替えをされた夫婦二人住まいの小さな住宅です。
老後を見据えバリアフリーをご希望されていたので、
段差のない玄関と廊下の無いワンルームの1階で生活が完結できる間取りとしました。
ワンルームと言っても、適宜引戸やカーテンで区切れるので、
来客時も困ることはありません。
また、子供家族が泊まれることも設計の条件でした。
たまに使う部屋を区切られた個室として設けるのは小さな家ではもったいないので、
屋根の形状を利用した2つのロフト空間を設け、引戸で仕切れるようにしました。
引戸と窓を開けておくと、1階からの高低差を利用して家中を風が通ることも狙っています。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

住み慣れた土地での建替えを希望され、また、定年され家で過ごす時間が長くなることを踏まえ、
緑が大きく育った庭と、目の前が公園という豊かな環境を享受する事ができる住まいをご提案しました。
コンパクトな住まいですが、子供家族が集まると総勢10人で過ごすことになるので、
窮屈さを感じないようリビングは天井を高くし、庭に面して幅の大きな窓を設け、
面積以上の広がりを感じられるよう工夫しました。
また、小さな家の中に大小さまざまな空間があるので、狭さを感じず暮らすことができます。

依頼者の声: 

「この住まいは、庭や公園の緑、空の様子を家の中から感じる事ができ、
 季節や毎日の時間の移り変わりなどを肌で感じながら生活しています。
 家で過ごす時間が増えたので、このことが何より嬉しいです。
 孫たちは、天井に垂木が見えている屋根裏のようなこの家が大好きで、
 遊びに行くのを楽しみにしています。
 窓や壁・屋根の断熱性能を高くしたので、夏や冬も快適に過ごすことができています。
 床暖房は設置して良かったです。
 中間期は1階とロフトの窓を開けておくと風が通りとても気持ちいいです。」
 

その他の画像: 

設計者

ユーザー 浦木建築設計事務所 浦木美樹子 の写真
オフライン
Last seen: 3週 14時間 前
登録日: 2016-04-22 22:23

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言