客動線とオーナーの動線を分けたエステ併用住宅・スピカ建築工房 一級建築士事務所 滝川 良子さん


併用住宅を建てると「職住近接」することができます。
エステ併用住宅についてスピカ建築工房 一級建築士事務所 滝川 良子さんに伺いました。

お話を伺った建築家

 

ユーザー スピカ建築工房 一級建築士事務所 滝川良子 の写真
目黒区下目黒3-5-22
03-6873-7148

貴社が併用住宅を手がけるようになったきっかけがありましたら教えてください

ビルダーさん経由で「女性の方にお願いしたいと言われたので」とご紹介いただいたのがキッカケです。
その後、何回か併用住宅を手がけさせてもらいました。

併用住宅のメリット・デメリットを教えてください

 
メリットは、お施主さん的には「職住近接」でしょうか。
建築的には住宅と店舗をそれぞれ単独で建てるよりも、コスト的には安くなるとは思います。

デメリットは、一般的な住宅ローンを組みにくい事かもしれません。
(銀行によって、対応はマチマチのようです。)

また、間取りによっては階下や階上への音の配慮などが必要になります。
水道のメーターなどは1ケのみとなりますので、子メーターで対応するなどの工夫が必要になります。

併用住宅の間取りで注意している点を教えてください

客動線とオーナーさんの動線の確保や、住居側のプライバシーに気をつけています。
特にお子さんがいらっしゃる方の場合は、音の問題なども配慮しています。

エステ併用住宅用を住宅ローンで建てることはできますか?

銀行によって、対応はいろいろのようです。
事業用として税金対策が必要でない方は、住宅ローンを利用されている方もいらっしゃいました。

エステ併用住宅の予算はどれくらいでしょうか?

住宅と別にトイレやシャワールームなどの水回りが必要になりますので、一般的な坪単価の1.3~1.5倍位になります。
もちろん、仕上げ材などにこだわれば、その分単価も上がっていきますが、玄関を1つにするなど間取りの工夫でも金額は大きく変わります。

エステ併用住宅の確認申請で注意しておくことはありますか?

都市計画区域の用途地域によっては、併用住宅として認められない職種があります。
また店舗部分の面積によって建築が不可の場合もあるので、注意が必要です。

今ある住宅をリノベーションしてエステサロンを作ることも可能でしょうか

どこまでの範囲のリノベーションかにもよりますが、
配管等の状況が許せば可能です。

独立したエステサロンも設計していただけますか?

独立したサロンは、まだ美容院の実例しかありませんが、機会があれば設計してみたいと思いますので、是非ご相談ください。

美容室併用住宅も設計していただけますか?

こちらは実績もあります。
エステサロンは保健所の申請が必要なく開設できますが(顔そりなどの行為は不可です)、美容院は開設に保健所の検査・許可が必要になります。
営業するための最低必要面積なども行政により決まっており、初期段階から考慮して設計していないと開業できません。
保健所対応なども行なっておりますので、是非ご相談くださると幸いです。

逗子の隠れ家旗竿地を活かしたエステ併用住宅で工夫した点を教えてください

旗竿地の狭小地だったため、プラン上玄関を1つしか取る事ができませんでした。
そのため玄関内で住居用・店舗用と動線を分けてプランニングしています。

来店される方は、玄関に入ると独立した店舗のような雰囲気になるので、みなさん驚かれると、オーナーさんに言われます。
オーナーさんがかなりしっかりと、お店のコンセプトをイメージされ、それを共有した事で、内装も『住宅内にあるサロン』という雰囲気ではなく、『独立したエステサロン』として成り立つように計画しています。

そのため、仕上げ材の素材感や照明計画も住宅側と店舗側では考え方を分けています。

エステ併用住宅を建てたい方にアドバイスがありましたらお願いします

エステも手技がメインの方、機械使用を多く取り入れる方など、いろいろかと思います。
ご自分が経営されるサロンの方向性をしっかり持って、設計の打ち合わせに臨まれると良いと思います。
また、ベッド数の多いサロンを経営される場合は、配置替えなども考慮して照明計画をお願いすると良いでしょう。

スピカ建築工房 一級建築士事務所 滝川 良子さんの併用住宅・設計事例

 

画像 建物の名称 紹介文
逗子の隠れ家旗竿地を活かしたエステ併用住宅

旗竿地に建つ、狭小エステ併用サロンです。建坪9坪ながら、サロン用のラバトリーにはトイレ・シャワーブースを設け、ラグジュアリーな空間を体験していただけます。ご希望だったヨーロッパのスパのイメージを叶えるため、大理石モザイクや石、しっくいなどを多用しました。

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都