道路より高い土地でも造成工事を少なくして高低差や傾斜に逆らわない・アトリエルクス一級建築士事務所 宇佐見 寛さん


 
道路より高い土地は、必然的にプライバシーの確保された空間をつくり出しやすく、高低差が生む空間的な魅力のある建築になります。
道路面より上がっていることによって、防犯面でも有利になります。
 
道路より高い土地についてアトリエルクス一級建築士事務所 宇佐見 寛さんに伺いました
 

お話を伺った建築家

 

ユーザー アトリエルクス一級建築士事務所 宇佐見 寛 の写真
一宮市真清田1丁目3-3桃花館2A
0586-52-2544

道路より高い土地のメリットを教えて下さい

 
敷地に高低差があることにより、必然的にプライバシーの確保された空間をつくり出しやすく、高低差が生む空間的な魅力のある建築になります。
 
道路面より上がっていることによって、防犯面でも有利になります。
 
周囲より高い位置に居室をつくると、ロケーションを一望でき、水平へ無限に広がる空間を得ることができて、周囲の建築の影響を受けにくいので風とおしも良く、太陽により近いので、明るさも確保しやすい建築を実現できます。
 
 

道路より高い土地のデメリットを教えて下さい

 
計画の仕方によっては造成工事に費用がかかる可能性があります。
 
上下の動線ができるので、将来的な動線確保を計画しておく必要があります。
上がった位置に建築物を建てるので、建築物全体が見えてしまうので、4方向ないし、3方向からの視線、建築フォルムを検討して計画する必要があります。
 

道路より高い土地に建物を設計する際に注意しているポイントを教えてください。

 
出来る限り、造成工事を少なくして、高低差や、傾斜に逆らわない計画を目指しています。
高低差があると、ともすれば、土地、土、とかい離した生活空間となってしまいがちなところを、傾斜、敷地、土と面して生活などをしていくことを強く意識して計画して、つくっています。
 

 

まどにわの場合、道路との高低差はどれくらいですか?

 
まどにわの道路との高低差は、約3.5mほどあります。
 

がけ条例で擁壁をつくる必要はなかったのでしょうか?

 
がけ条例は、土の安息角の30度以下をクリアーしているため、擁壁はつくりませんでした。
 
※安息角:土(岩石片や砂など)や粉体(石炭粉など)を積み上げたときに自発的に崩れることなく安定を保つ斜面の最大角度を「安息角」と呼ぶ。
 

どのようにしてがけ条例をクリアしたのでしょうか?

 
土の安息角を確保してクリアーをしています。
 

 

土地を購入する前の相談にも乗っていただけますか?

 
もちろんです。
むしろ、高低差のある敷地購入される場合は、出来る限り早いタイミングでご相談をいただいて、様々な角度から検討した計画をご案内いたします。
 

道路より高い土地に家を建てたい方になにかアドバイスがありましたらお願いします

 
まどにわのクライアントからのご依頼は、まず、傾斜を生かして建築できないかということと、擁壁などを作らず建築をすることができないかといったご要望から始まりました。
もちろん、コスト的に有利な方法を模索しながら、より魅力的な空間をつくるべく計画をしました。
 
この建築が成立したのは、クライアントの固定概念にとらわれない柔軟なお考えがあったからこそ完成できたと思います。
 
傾斜地でご検討されている方にお伝えしたいのは、固定概念にとらわれることなく自由な発想で検討されて、それに答えてくれる建築家と住宅、建築づくりを成功させていただきたいと思います。
 

アトリエルクス一級建築士事務所 宇佐見 寛さんの道路より高い土地・設計事例

  

画像 建物の名称 紹介文
まどにわ 2

傾斜地に逆らわずに建築をし、伸びやかな空間を実現しました

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区