高低差のある土地でも安全でかつ眺めの良い住宅・〈株〉川島建築事務所 川島 守さん


 
高低差のある土地は土地が高い分、道路からのプライバシーが保たれます。また、そこから眺める景色も良いというメリットがあります。
 
高低差のある土地について〈株〉川島建築事務所 川島 守さんに伺いました。
 

お話を伺った建築家

 

ユーザー 〈株〉川島建築事務所 川島 守 の写真
名古屋市名東区猪子石原3丁目603
052-774-8615

 

貴社が高低差のある土地を手掛けたきっかけがありましたら教えてください

 
特別きっかけというものはないのですが、10年前に知多の阿久比町で、北側の道路から高さが3.0m低く南側の道路から同じく3.0m高い道路に囲まれた土地で住居を作ったのがきっかけです。
 

高低差のある土地のメリット・デメリットを教えてください

 
メリットとしては、土地が高い分、道路からのプライバシーが保たれます。
また、そこから眺める景色も良いと思います。
デメリットとしては、建築にかかるコストが平地の場合より高くなりますし、構造上もしっかりコンセプトを立てて、計画しなければなりません。
 

 

高低差がある土地に建物を設計する際に注意しているポイントを教えてください

 
建築基準法上の平均地盤が下がってくるので、高さ制限を計画の中で考えていかなければならないと思います。
また、構造の考え方もしっかり考えて、安全な建物を計画しなければなりません。
 

向山の家で工夫した点を教えてください

 
第一種低層住居専用地域ということもあって、北側斜線をクリアするための平均地盤の取り方で苦労しました。
また、東西に長く間口の狭いひな壇上の土地だったので、どのように南からの採光を取るのかで苦労しました。
 
奥に行くにしたがって少しずつスキップした計画にした結果、住みにくいプランにはなりませんでした。
 

 

向山の家・立面図

↑向山の家・立面図

向山の家・断面図

↑向山の家・断面図
 

高低差のある土地の建物の設計を貴社に依頼するメリットを教えてください

 
一概に高低差といっても様々な状況があると思いますが、クライアントが用意している予算と、思い描いていらっしゃるイメージをしっかり汲み取り、しっかりしたコンセプトを立てた上で、構造上も安全で、かつ眺めの良い住宅を提案できると思います。
 

土地を購入する前の相談にも乗っていただけますか

 
当然、未だ土地が無い方や、気になっている土地がある方に対しても、果たしてどのような住宅が建つのか、ざっくりプランをして購入の前の判断のお手伝いをさせていただきます。
 

高低差のある土地に建物を建てたい方にアドバイスが有りましたらお願いします

 
高低差のある土地が好きなのか、土地にかかる費用が安いためたまたま高低差のある土地なのか、その辺りをしっかり見定めて、探される方が良いと思います。
どうしてもコストアップにつながるので、全体の予算計画をしっかり立てていただきたいと思います。
 

〈株〉川島建築事務所 川島 守さんの高低差のある土地・設計事例

  

画像 建物の名称 紹介文
阿久比の家

高低差のある敷地に、計画された木造地上2階・鉄筋コンクリート造地下1階の住宅です。
地形に沿うように地下1階に車庫を配置し、1階・2階は居住空間となる2世帯住宅です。
敷地の南側には大きなオープンスペースがあるので、光が多く入り込む明るい住宅です。

向山の家

土地の形状に合わせて計画されており、1階内部には高低差があり、変化を与えています、また間口が3.6mでも建物内部はそのことを感じさせないように計画されており、すっきりとしています。
2階のLDKには光や風が入り、心地よい空間となっています。

 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区