用途変更が必要かどうかを確認する方法

当サイトに用途変更が必要かどうかを電話で聞いてくる方がいるのですが、当サイトはなんの権限も持っていないので回答いたしかねます。
申し訳ありません。
 
建物を賃貸・購入する前に用途変更が必要かどうかを確認したい方は、建物の所在地の役所や土木事務所の確認申請を担当している部署に行って確認することをオススメします。 
 
部署名は建築指導課・建築審査課などになっています。
わからない場合は、役所に行って受付で「確認申請を担当しているのはどちらの部署ですか」と聞けば教えてくれます。
 
役所に行く前には建物についての資料をできるだけ揃えていく事をオススメします。
下記のような資料です。
 
・建物の所在地
・確認申請書
・検査済証
・建物の図面など
・その他・不動産業者や建物所有者からもらえる資料
 
ご自分で対応できない場合は「用途変更が必要かどうかを確認する仕事」を当サイトの会員建築家に依頼することも可能です。
ぜひ、建築家依頼サービスに投稿してください。
  

 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区