やまぐち建築設計室 山口 哲央さんのブログ

タイトル
間取りプランと設計デザインに付随する構成要素で空間の印象も過ごし方も変わりますよ・色の要素と同じく「トーン」を調整する事でイメージやシーンを大切にする暮らしが生まれるデザインに。
玄関を応接間として計画する事で人の動きも整理整頓される空間と居心地も変化する場所に・・・・・。
間取りの検討と暮らしの提案・・・・整理整頓すべき事項を考えながら窓と素材と使い勝手、便利だけでは無くて実用性だけでは無くて「暮らす趣き」を丁寧に設計デザインの感度は郊外の家。
カレイドスコープのある暮らし・・・万華鏡の仕掛けのように夜の時間を豊かに過ごすリビングでの寛ぐ意識を色々と。
(仮称)暮らしのシーンに和モダンのエスプリが集う格子の家
家づくりの大切な時間と考え方・・・・・。
家を建てる・家をリフォ―ムするときに「建設の現場」として大切な「施工管理」という観点。
空間の認識と素材と印象のデザイン設計・・・・・感度と意識の連動性をデザインする設計の工夫に積み重ねる付加価値を心地よく毎日の暮らしのシーンに添えるように。
郊外の土地で有意義なエシカルで和風の土間・三和土(タタキ)空間のある暮らしの時間を設計デザインの価値で豊かさを感じるミニマムサイズで計画的に薪ストーブのある暮らし古民家の風情を心地よく
ネコと暮らす家の事色々と・・・・人にも優しく猫にも暮らしやすい家。
暮らしの提案と丁寧な暮らしへのイメージ・・・・・各家庭の住まいに対するイメージの違いを「視野」から「情景」を想定しつつ「暮らしの文化の違い」に心地よさのデザインを設計するように。
住まい造りの「本質」・・・可能性と暮らしの持つ場所の意味を丁寧に紐解くと同時に「暮らし方」をデザインする設計の持つ意味を間取りと空間に反映する様に・・・土地の特徴、環境、暮らしの場所のバランス。
毎日を暮らす建築「住まい」という暮らしの器を丁寧に日々思考・・・その意図の部分LDKのカタチや材料だけではなくて家全体としての暮らしの質と環境が持つ意味は植樹の計画としての「それ」と同じ。
庭園「外構」・・・庭工事の進行途中、要塞としての家の佇まいと見える風景、隠す視界のデザインを「カタチ」にする屋内のLDKや階段、ホールや縁側・・・浴室から見える風景の心地よさと佇まいのバランス。